アイフォンiPhoneアプリで写真を繋げてスライドショーを作ってみた

アイフォンiPhoneではアプリを使うことで、簡単にiPhoneで撮った動画や写真を繋げてスライドショー(動画)にしたり、音楽やテキストを入れて公開することができます。

たった今撮った写真や動画を、慣れれば数分で、音楽やテキストを入れた動画に編集して、フェイスブックやブログにアプロードすることもできるのは便利ですね。

 

無料アプリ「iMovie」を使ったスライドショー(動画)の作り方を、こちらのページに載せておきます(^^♪

写真を繋げてスライドショーを作ってみたい方のお役に立てたら幸いです。

 


iPhoneで写真を繋げてスライドショーを作る方法

アイフォンの無料アプリ「iMovie」を使いますが、アンドロイド系スマートフォンでも多数のアプリがありますね。基本的な使い方は似ています。

 

まず、アップルストアから「iMovie」を入手し、インストール後起動させましょう。

※バージョンによって表示が多少違うことがあるかもしれませんが、同じような機能がどこかにあるはずですので、探してください。

 

最初に新規プロジェクトを作成します。

「新規+をタップ」をタップしてください。

 

 

「新規プロジェクト作成画面」が表示されたら「ムービー」をタップします。

 

 

使いたい写真を挿入します

使いたい写真の選択画面になるので、スライドショーにしたい写真を選択し取り込みます。選んだら「ムービーを作成」をタップします。

 

 

タイムラインに写真を挿入、アプリ内に写真を取り込むことができます。

複数枚の写真を選びたい時は、中央左にある「+」から、選ぶことができます。

 

 

テーマを使って演出を追加する方法

「テーマ」を使ってエフェクトやBGMなど簡単に演出を加えることができます。
画面右下の歯車アイコンをタップして進みます。

 

 

プロジェクト設定画面ではフィルタを選びます。今回は「なし」を選びます。

テーマは、下の図では「シンプル」を選んでいます。

テーマ曲をつける時は、オンにします。

動画の最初と最後を黒にフェードイン・フェードアウトしたい時は、オンにします。

「ピッチを速度に合わせる」はスライドショーの時は必要ありません。

 

 

プロジェクト設定が終わったら右上の完了をタップしてください。

 

 

次に左上の完了をもう一度タップします。

 

 

すると、指定したテーマや、テーマ曲、フェードイン・アウトが適用され、ムービーが出来ました♪

再生して確認しながら進めることがおすすめ

再生をタップすると、横画面いっぱいで、ムービーを確認することができるので、再生してみましょう。

 

 

iMovieは写真を挿入すると自動的にアニメーションがつきます。この時点でそれなりのスライドショーができているかと思います。

出来上がったスライドショーを編集する方法

このままでも使うことはできますが、手動で修正することができますのでやってみましょう。

編集から編集画面へ戻ります。

 

 

まず写真の左はじをタップしてください。
すると、プレビュー画面に「ピンチで開始位置を設定」と表示されました。

 

 

今プレビューに映っている写真が、写真アニメーションの開始時の姿になります。

写真を2本指でピンチイン・アウトしてください。写真が大きくなったり、小さくなったりしますね。また、指で位置を動かすこともできますのでやってみてください。

 

次に終了の三角部分をタップすると「ピントで終了位置を設定」と表示されます。

 

 

今度は終了時の大きさ、位置を好みの通りにすることができます。

 

同じように、すべてのアニメーション(写真)の調整ができます。

タイトルやテキストを入れてみよう

それぞれの写真にタイトルやテキストを入れることもできますよ。

まずテキストを入れたい写真を選択します。すると下に「T」と出るのでそれをタップしてください。

 

 

タイトル(テキスト)を入れる位置や文字の表示方法を、下の赤枠の部分で選ぶことができます。色々試してみてください。1枚目のタイトルは「オープニング」を選ぶと良いでしょう。

 

文字入力する時は、プレビュー画面の「タイトルを入力」をタップします。

 

 

好きな文字を入力できるようになります。入力が終わったら文字入力画面右下の「完了」をタップします。

 

 

他の写真にもテキストを挿入することができるのでやってみてください。

ただし、iMobieは、1行しかテキスト入力はできません。それが残念ですね。

 

 

音楽を入れ替えてみよう

 

テーマを選んで自動的に挿入された音楽を、iCloud DriveやiTunesに保存してある好きな音楽に入れ替えることもできます。音楽を入れ替えてみましょう。

また「+」をタップします。

 

 

iTunesに保存してある音源の場合、は「オーディオ」から、

iCloud Driveの場合は一番下のiCloud Driveから進んで

追加したい音源を選ぶことができます。

 

 

音の大きさを調整することもできます。

緑色のバーをタップすると、一番下のスピーカーマークをタップできるようになります。

 

 

すると、音量調整ができるようになります。調整し終わったら左上の「完了」をタップして完了です。

できたらファイルを保存しておこう

一番下にある赤枠マークの「↑」をタップすると、保存(書き出し)することができます。

 

 

動画の保存形式などが表示されるので、今回は「ビデオを保存」をタップ。

 

動画のサイズを選びます。「HD-1080p」をオススメします。

 

 

書き出しが開始されます。長い動画ですとここで時間がかかります。

 

書き出しが完了しました。

 

 

フォトライブラリーに保存されました。フォトライブラリーを確認してください。

 

iMobieでのスライド動画の作り方は以上です。

数枚の写真からでも簡単に動画を作ることができるアプリ「iMobie」。スライドショーを作って思い出の写真をぜひ演出してみてくださいね。

 



個人でできるインターネット集客・SNSの使い方を ラインでもお届けしています!
お気軽にお友達として申請してくださいね!!

友だち追加

パソコンからの方は「@wkr0112i」で、ID登録もできます。



ランキングに参加しています!

今日の記事がお役に立ったら、バナーをクリックで応援お願いします!

できたら2つ、↓どちらもクリックお願いします!!


 ブログランキング・にほんブログ村へ



◆お問い合わせは下記ページから

email clip art