あなたのお店インターネット集客に向いていますか?

自分のお店がインターネット集客に向いているのか?

 

今日はまずそこから考えてみましょう。

 

インターネットを利用しての集客方法としては、

ブログを使う方法、メールマガジンを使う方法や、

今はやりのSNSを使う方法があります。

 

その中で、今日すぐからできるのが

無料のSNSを活用した集客です。

 

 

SNSでの集客できる媒体としては、

フェイスブック、You Tube、

ツイッター、ライン、インスタグラム、などがあります。

 

 

ツイッターしかやっていない人、

フェイスブックしかやっていない人、

ユーチューブしか見ない人、

 

それぞれいますよね。

 

なので、できれば集客できるものは全て利用する。

という考え方も、ある意味必要なのですが、

 

お店のお客様の客層を考えることも必要です。

 

049

 

あなたのお店、インターネット集客に向いていますか?

 

 

インターネット集客は特にスマホ集客が有効だと先日も書きましたが、

スマートフォンを使うのは、どのような人たちでしょうか?

 

あなたのお店のお客様が多い層はどのような層でしょうか?

 

例えば、大学生や、20代前後の若い人が多いですか?

 

主婦層が多いですか?

 

高年齢の人が多いですか?

 

男性ですか?

 

女性ですか?

 

 

そしてなたのお店のお客様は

どのような方が多いですか?

 

 

例えば、大学生や、20代前後の客層を

ターゲットにしている業種なら

ツイッターやラインを使う人が多いです。

 

この世代はユーチューブもよく利用します。

 

 

なのでスマホ集客に適しています。

 

 

 

最近は主婦でも、若いお母さんたちは、

スマホでササッと検索して調べます。

 

 

中高年の女性はスマホをまだ持たない人が多いですが、

若いママさんたちは、同じ年令の男性より

スマホ率が多いと統計で出ています。

 

 

美容院やネイルサロンなどは

スマホ集客が向いていることになりますね。

 

 

ビジネスに繋がる仕事をしている層をターゲットとしているなら

フェイスブックも含めて考えてみましょう。

 

フェイスブックは他の媒体と比べると、

ビジネスをしている人が多く、

一般の人はツイッター、ユーチューブの方が集客できます。

 

 

ビジネス層を狙うならフェイスブックは狙い目です。

 

 

ですが、あなたのお店のお客さんのほとんどが

インターネットを使うことがないなら、

インターネット集客は向いていません。

 

 

インターネットを使わない人達を

いくらツイッターで集客しようとしても

そもそも見られてないので

意味がないですよね。

 

 

インターネットは使わないけれど

新聞の折込チラシは必ず見るという人もまだ多いので、

そのような客層のお店ではチラシの広告の方が

効果があるでしょう。

 

 

同じ手間をかけるなら、

チラシ広告に時間とお金をかけたほうがいいです。

 

 

ただ、全く無駄ではなく、

今後インターネット人口はますます増えていきますし、

古い昔ながらのやり方だけにこだわるよりは、

幾つかやってみることをお勧めします。

 

とにかく1つにこだわり過ぎることは良くありませんし、

待つだけでしたらお客様は来てくれません。

 

 

自分のお店の客層が

どのような客層であるか?

それをまず把握することから考えてみると

インターネットでの集客が有効なのか、

答えが出てきそうですね(^^♪。

 



個人でできるインターネット集客・SNSの使い方を ラインでもお届けしています!
お気軽にお友達として申請してくださいね!!

友だち追加

パソコンからの方は「@wkr0112i」で、ID登録もできます。



ランキングに参加しています!

今日の記事がお役に立ったら、バナーをクリックで応援お願いします!

できたら2つ、↓どちらもクリックお願いします!!


 ブログランキング・にほんブログ村へ



◆お問い合わせは下記ページから

email clip art